QLOOKアクセス解析

史 環 ブ ロ グ 歴史徒然

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.04.17 (Thu)

建春門院にことよせて

最近ここが、サイトの更新履歴のみと化していて、
まったく使ってなかったので
久しぶりに更新以外のことで書いてみます。

一つ前の記事に、建春門院平滋子の絵を上げましたが、建春門院って検索すると
ほとんど先の大河の成海璃子さんが出てくるんですね。
それだけ印象が深かったということでしょうか。
私も、あの平安末の院政期から源平合戦、そして鎌倉三代くらいまでの歴史は
結構好きなところで、大河ドラマで平清盛をやっていた頃は、今までにないくらい
かぶりついて大河を見てました。

視聴率がなんだ画面がなんだと言われましたが、あの暗さこそ庶民の歴史で
あるはずなのに、世間では美しくないだのなんだの…
そんな批判を残念に思いながら見てました。

だって武家だもの。最初っから殿上人じゃないんですもの
塵芥に塗れて京の警護をやっていた武士だもの。
錦を纏って綺麗なわけないじゃない。

歴史ドラマは「歴史」なんかよりも「ドラマ」に重きを置いて
作らないといけないという、制作サイドのプライドを打ち壊すような
世論をつくづく残念に思ったものです。。


それはともかく、大好きだった「平清盛」。

あのドラマの中での私のヒットは、
壇れいさん演じる待賢門院璋子様と 愛原実花さん演じる上西門院統子様でした。
この美人母娘については色々語りたいですが、それはまたいつか彼女たちの絵を書いたときに
まわすことにして、今回は建春門院様について。


建春門院。
言わずと知れた?時子の妹で後白河に愛されて高倉帝を生んだ
「王朝文学のお姫様」。(と公式サイトには書かれていました)


・・・ちぢれてましたね~(笑)

周りにも、「この人って天パだったんだ~」って言う人がいて
「いやいやww」って突っ込んだことがあるのを覚えてます。
NHKもすごいキャラづけしてくれたものだわ… と思いつつも
おかげで強烈な自己をもった勝気なお姫様像が浮き彫りになりました。

“輝くような美貌を持ちながらもしっかりされたご気性で、いつも威儀を正していた”
『たまきはる』(建春門院に仕えた女房の宮廷生活の記録)などでは
伝わっているので、私の中では優等生タイプのお姫様を想像して
いたんですが、解釈次第でこういうキャラにもできるのか~と
新鮮で妙に納得しました。

(ただやっぱり、あれは「ドラマ」としてキャラクターを作りすぎた感じがありました...よね?
他の女性たちはそうでもなかったのに何故??)


ところで、その大河で設定されていた縮毛、
もちろん建春門院はそんな髪ではなかったでしょうが、後の鎌倉時代に描かれた
男衾三郎絵巻(おぶすまさぶろうえまき)』という絵物語で、ひどい縮れ毛の女性が描かれて残っているのを
ご存知でしょうか?

当時女性の美人の条件といえば
「下ぶくれ」「顔がおおきい」に加えて
「髪が豊かで艶めいていて美しい」ことが必須条件だったので
髪が縮れているなんて、醜女(しこめ)の代名詞だったわけです。

加えて、この縮れ毛の女性は鼻も口も大きく鬼のような顔だったと言われ、
そしてその遺伝子を受け継いでしまった娘が、国司との逢瀬で
思いっきり顔を背けられているシーンが描かれてます(笑)

(美人じゃないってだけでひどいわ!といいたくなるかもしれませんが、
この母娘、美人である継子苛めをしているイジワルかーさん、イジワル妹なのです)

この母娘の描写は、当時の女性を描く絵には珍しくしっかりとした天狗のような鼻が
描かれ、なかなかに面白く見応えがあります。
国司の、「いや~ん」という声が聞こえてきそうな、
困ったような渋い顔も楽しいです。

『男衾三郎絵巻』でググったらすぐ出てくると思いますので、興味のある方はぜひ^^


でも今も、能年玲奈ちゃんよろしく、若くかわいく清楚な女の子はやっぱり
「黒髪ストレート」ってイメージだしAKBもやっぱりそういう傾向だし、
日本人の好みはいつの時代も変わらないものなのかな~

ちなみに、私の好みは、夏目三久さんのような黒髪ショートか、
こじはるのような明るい色のロングの女の子です(*´ ω `*)


でもそれは、どっちも可愛くて美人だから好みなわけで…

そう考えると

女はやっぱり顔なのか…




遠い目




ところで

今の大河、「軍師官兵衛」
最初あまり興味ないかも…と思っていたのですが、
戦国時代に疎いので結構楽しんで見ています。

私の期待はもちろん、荒木村重が妻女、「荒木だし」嬢。
今楊貴妃と言われ、戦国期きっての美女だったといわれる彼女が
夫の愚挙によって(ごめんなさい、村重アンチなもので…)
あたら花の命を散らしていく…

その時を、その場面を密かに心待ちにして見ています。

美しく装い、心乱すことなく整然と死を迎えたといわれる彼女。
いつか描きたいと思っていた歴史美女の一人なので、
桐谷美玲さんの荒木だし嬢、今後が楽しみです^^


スポンサーサイト
15:47  |  歴史徒然  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。