QLOOKアクセス解析

史 環 ブ ロ グ 八田皇女

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2016.03.07 (Mon)

八田皇女

久々にイラスト更新しました。

ここ数年日本の古代史にハマってましたが
最近奈良飛鳥を遡って『古事記』『日本書紀』にがっぷりです。

いままでちゃんと読んできてなかったことを激しく後悔!
なんて面白いんだ記紀!!

さらっと概要は知ってたけれど、知れば知るほど楽しい世界です^o^

今まで知らなかったことに深く触れると
何で今まで知らないできたのかと思いますよね。
もったいないことしてたなあと。

とはいえ、きっとまだまだ概説レベルなんだと思いますが…
こういうのはどこまでも深くやっていけるのが楽しいですよね。

記紀と解説の次は、改めて大好きな万葉集を読みたいと思います。
読みたい本がたくさんあるのは幸せです。


でも、このあたり読んでるとあれです、
関西に住んでることを心底感謝したくなりますね!
舞台になってる場所、どこだって頑張りゃ行けてしまうこの喜び!

京都市内や北摂はなかなか記紀の舞台には上がってきませんが、
意外にホットスポットなのが京都南と淀川南の地域。
大阪市や羽曳野市辺りが古代史の舞台なのは有名ですが
京阪沿線って結構古代史的にはアツイ地域なんですよね~

春になると奈良に行きたくってウズウズムラムラするんですが
今年は木津川あたりに古代の香りを求めにいこうかな♪
滋賀の蒲生なんかも、友達が住んでいるのでいつか遊びに行きたい場所です。


しかししかし、もうめっきり桜の気配漂う春さながらの気候になってしまいましたが
今よりほんの少し前は梅のいい季節でした。
二月末~三月は毎年北野の梅を見たくて心そぞろなんですが今年は見れなかった・・・
もう梅終わってるかなぁ?
誰か北野近くにお住まいの方、教えてください。。。




当ブログに掲載しているイラストの著作権・所有権は史環に帰属します。
画像等の無断引用・無断転載(トリミング・加工含む)は禁止とします。
イラストの使用を希望される方は、こちらの規約をご確認ください。



 【古墳:八田皇女】 
  (制作:2015-2016)




※イラストからサイトページに飛びます。
 人物の説明などはサイトに載せています。




スポンサーサイト
00:27  |  歴史人物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shihuan.blog98.fc2.com/tb.php/109-d91e3754

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。