QLOOKアクセス解析

史 環 ブ ロ グ 辮髪について

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.04.22 (Sun)

辮髪について

辮髪1


辮髪が好きです。
昔はビジュアルに耐えられない~と思っていましたが
今は何てカッコイイんだろうと思います。惚れ惚れです。


「グリーンディスティニー」のチョウ・ユンファの辮髪も精悍で素敵ですが、
辮髪+眼鏡の組み合わせがツボみたいです。

辮髪ラフ3


清末~民国初めの、あと数年で断髪令出て断髪するかなぁっていう辺りが
断髪後の姿を想像できてときめきます。


そもそも辮髪とは…

もともと中国の北東付近の民族が風習としていた髪型で、髪の一部を剃髪し、残りの部分を編み上げたものです。

一番馴染みが深いのは、頭頂まで前髪を剃り上げ、残りの髪を編み込んだ、清朝―満州族の辮髪でしょうか。

清が入関した順治帝1644年、政権を握っていた叔父で摂政のドルゴンが「薙髪令」を出し、漢民族にもこの風習を徹底させ、その後1911年の民国建国まで、長く中国人の象徴とされました。
しかし儒教を奉じてきた漢民族の間には、“身体を傷つけることは不孝”という教えが定着していて、(だから儒者は、自殺するとしても肉体を傷つけない縊死か入水が多かったんですね)髪は長く伸ばして頭頂で束ねるという風習を持っていました。
だから抵抗もなく清に降った漢人も多くはこの令は承服できず、国以上に髪を守る抵抗が行われたといいます。

清は漢人の抵抗に「頭を残すものは髪を残さず。髪を残すものは頭を残さず」という死刑をもって臨んだため、抵抗はどうにか収束しましたが、その後も太平天国の乱など、辮髪を満州族の象徴として抵抗する動きは残り続けました。

満州族の辮髪のほか、契丹族の前髪から後ろ髪まで、目の位置まで剃り落とす辮髪や、モンゴル族の額の一部をを残して頭頂を剃り挙げて両の髪は編んで耳の下に輪を作る髪形などもあります。
ちなみに女真は女真でも、金の辮髪は後頭部の髪をほんの一握りだけ残して編みこんだもので、清のそれとでは若干違うようです。
金の頃も、北京近くに残った漢民族を登用した際、辮髪を強制したらしいですが、このときの抵抗についてはよくわかりません。

いずれにせよ、日本の月代もそうですが、どうしてあんなに手間のかかる髪形が流行したんでしょう。
特に北方民族なんて寒いのに…

スポンサーサイト
18:08  |  歴史人物
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。