QLOOKアクセス解析

史 環 ブ ロ グ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.04.17 (Thu)

建春門院にことよせて

最近ここが、サイトの更新履歴のみと化していて、
まったく使ってなかったので
久しぶりに更新以外のことで書いてみます。

一つ前の記事に、建春門院平滋子の絵を上げましたが、建春門院って検索すると
ほとんど先の大河の成海璃子さんが出てくるんですね。
それだけ印象が深かったということでしょうか。
私も、あの平安末の院政期から源平合戦、そして鎌倉三代くらいまでの歴史は
結構好きなところで、大河ドラマで平清盛をやっていた頃は、今までにないくらい
かぶりついて大河を見てました。

視聴率がなんだ画面がなんだと言われましたが、あの暗さこそ庶民の歴史で
あるはずなのに、世間では美しくないだのなんだの…
そんな批判を残念に思いながら見てました。

だって武家だもの。最初っから殿上人じゃないんですもの
塵芥に塗れて京の警護をやっていた武士だもの。
錦を纏って綺麗なわけないじゃない。

歴史ドラマは「歴史」なんかよりも「ドラマ」に重きを置いて
作らないといけないという、制作サイドのプライドを打ち壊すような
世論をつくづく残念に思ったものです。。


それはともかく、大好きだった「平清盛」。

あのドラマの中での私のヒットは、
壇れいさん演じる待賢門院璋子様と 愛原実花さん演じる上西門院統子様でした。
この美人母娘については色々語りたいですが、それはまたいつか彼女たちの絵を書いたときに
まわすことにして、今回は建春門院様について。


建春門院。
言わずと知れた?時子の妹で後白河に愛されて高倉帝を生んだ
「王朝文学のお姫様」。(と公式サイトには書かれていました)


・・・ちぢれてましたね~(笑)

周りにも、「この人って天パだったんだ~」って言う人がいて
「いやいやww」って突っ込んだことがあるのを覚えてます。
NHKもすごいキャラづけしてくれたものだわ… と思いつつも
おかげで強烈な自己をもった勝気なお姫様像が浮き彫りになりました。

“輝くような美貌を持ちながらもしっかりされたご気性で、いつも威儀を正していた”
『たまきはる』(建春門院に仕えた女房の宮廷生活の記録)などでは
伝わっているので、私の中では優等生タイプのお姫様を想像して
いたんですが、解釈次第でこういうキャラにもできるのか~と
新鮮で妙に納得しました。

(ただやっぱり、あれは「ドラマ」としてキャラクターを作りすぎた感じがありました...よね?
他の女性たちはそうでもなかったのに何故??)


ところで、その大河で設定されていた縮毛、
もちろん建春門院はそんな髪ではなかったでしょうが、後の鎌倉時代に描かれた
男衾三郎絵巻(おぶすまさぶろうえまき)』という絵物語で、ひどい縮れ毛の女性が描かれて残っているのを
ご存知でしょうか?

当時女性の美人の条件といえば
「下ぶくれ」「顔がおおきい」に加えて
「髪が豊かで艶めいていて美しい」ことが必須条件だったので
髪が縮れているなんて、醜女(しこめ)の代名詞だったわけです。

加えて、この縮れ毛の女性は鼻も口も大きく鬼のような顔だったと言われ、
そしてその遺伝子を受け継いでしまった娘が、国司との逢瀬で
思いっきり顔を背けられているシーンが描かれてます(笑)

(美人じゃないってだけでひどいわ!といいたくなるかもしれませんが、
この母娘、美人である継子苛めをしているイジワルかーさん、イジワル妹なのです)

この母娘の描写は、当時の女性を描く絵には珍しくしっかりとした天狗のような鼻が
描かれ、なかなかに面白く見応えがあります。
国司の、「いや~ん」という声が聞こえてきそうな、
困ったような渋い顔も楽しいです。

『男衾三郎絵巻』でググったらすぐ出てくると思いますので、興味のある方はぜひ^^


でも今も、能年玲奈ちゃんよろしく、若くかわいく清楚な女の子はやっぱり
「黒髪ストレート」ってイメージだしAKBもやっぱりそういう傾向だし、
日本人の好みはいつの時代も変わらないものなのかな~

ちなみに、私の好みは、夏目三久さんのような黒髪ショートか、
こじはるのような明るい色のロングの女の子です(*´ ω `*)


でもそれは、どっちも可愛くて美人だから好みなわけで…

そう考えると

女はやっぱり顔なのか…




遠い目




ところで

今の大河、「軍師官兵衛」
最初あまり興味ないかも…と思っていたのですが、
戦国時代に疎いので結構楽しんで見ています。

私の期待はもちろん、荒木村重が妻女、「荒木だし」嬢。
今楊貴妃と言われ、戦国期きっての美女だったといわれる彼女が
夫の愚挙によって(ごめんなさい、村重アンチなもので…)
あたら花の命を散らしていく…

その時を、その場面を密かに心待ちにして見ています。

美しく装い、心乱すことなく整然と死を迎えたといわれる彼女。
いつか描きたいと思っていた歴史美女の一人なので、
桐谷美玲さんの荒木だし嬢、今後が楽しみです^^


15:47  |  歴史徒然  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.04.02 (Wed)

建春門院 平滋子

今回の絵はものすご~く時間がかかった絵です。特に文様に。。。

描いては調べ、調べては修正し…を繰り返し、
最初に「完成した!」と思ってから思ってから最終的に描き終わって
アップするまでに実に一ヶ月かかった絵です(描く前に調べろって話)

描き始めからアップまで一、二年ってのはグータラな私にはよくあることですが
完成した後で修正修正と頑張ってもこれだけ時間がかかっちゃったのはこれが一番かも。

歴史絵を描いてて難しいのは、調べて知れば知るほど自分の首を絞めるということですね。
でも何事も、知らないよりは知ってたほうがいい という意識で描いていきたいものです^^


当ブログに掲載しているイラストの著作権・所有権は史環に帰属します。
画像等の無断引用・無断転載(トリミング・加工含む)は禁止とします。
イラストの使用を希望される方は、こちらの規約をご確認ください。



 【平安:建春門院 平滋子】 
  (制作:2014/3)



※イラストからサイトページに飛びます。
 人物の説明などはサイトに載せています。




19:40  |  歴史人物

2014.03.20 (Thu)

清少納言

当ブログに掲載しているイラストの著作権・所有権は史環に帰属します。
画像等の無断引用・無断転載(トリミング・加工含む)は禁止とします。
イラストの使用を希望される方は、こちらの規約をご確認ください。



 【平安:清少納言】  (制作:2014/3) 



※イラストからサイトページに飛びます。
 人物の説明などはサイトに載せています。




22:22  |  歴史人物

2013.09.20 (Fri)

挿絵描かせていただきました

実業之日本社より発売された、
『知れば知るほど面白い 史記の英雄たち』 のイラストを描かせていただきました。

史記に登場する英雄たちを取り上げながら、春秋戦国から司馬遷の生きた漢の武帝までの時代を、それぞれの人物に焦点を当てて読める内容です。
故事成語などに明るくなること間違いなしです^^
お近くの書店で見られたら、手にとっていただけると幸いです。

知れば知るほど面白い 史記の英雄たち (じっぴコンパクト新書)知れば知るほど面白い 史記の英雄たち (じっぴコンパクト新書)
(2013/09/12)
高橋 康浩

商品詳細を見る


実業之日本社、そしてお世話になりましたジーグレイプ様、このような機会を頂戴いただき
本当にありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。




19:02  |  お仕事情報

2013.06.14 (Fri)

藤原薬子

当ブログに掲載しているイラストの著作権・所有権は史環に帰属します。
画像等の無断引用・無断転載(トリミング・加工含む)は禁止とします。
このイラストの使用を希望される方は、必ずこちらの規約をご確認ください。



 【平安:藤原薬子】  (制作:2013年) 




※イラストからサイトページに飛びます。
 人物の説明などはサイトに載せています。




17:43  |  歴史人物

2013.04.25 (Thu)

挿絵と表紙描かせていただきました。

教育画劇さんの小学生中高年~向けの歴史読本、
『歴史が変わったあの一瞬』一巻、古代編 
のイラストを描かせていただきました。

教育画劇様、そして編集プロダクション様、このような機会を頂戴いただき
本当にありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。


中身は、正史に基づいて<歴史が変わった世紀の瞬間>をクローズアップした内容です。
子供向けということですが、大人も楽しめる内容となっております!

お近くの図書館などで見られたら、手にとっていただけると幸いです^^

基本、図書館向けのものなので、今のところアマゾンで取り扱いはないようですが
教育画劇さんのサイトなどからは購入できるようです。
どうぞよろしくお願いします。

物語で楽しむ歴史が変わったあの一瞬〈1〉古代編物語で楽しむ歴史が変わったあの一瞬〈1〉古代編
(2013/04)
早野 美智代

商品詳細を見る





02:51  |  お仕事情報

2013.04.21 (Sun)

趙合徳

当ブログに掲載しているイラストの著作権・所有権は史環に帰属します。
画像等の無断引用・無断転載(トリミング・加工含む)は禁止とします。
このイラストの使用を希望される方は、必ずこちらの規約をご確認ください。



 【前漢:趙合徳】  (制作:2011~2012年) 

hedu_20130420235334.jpg

※イラストからサイトページに飛びます
 人物の説明などはサイトに載せています。



前漢十一代皇帝、成帝の妃で婕妤(しょうよ)から昭儀に進んだ。
姉である趙皇后(趙飛燕)の妹で、姉と共に皇帝の寵愛を欲しいままにしたといわれます。

詳細は、サイトページに『中国古典小説選』(2007年、明治書院)参照の元、掲載しています。
イラストからクリックしてお進みください。

ちなみに参考文献はこちら↓
日本のものだからアマゾンで簡単に買えちゃう幸せ。

中国古典小説選〈1〉穆天子伝・漢武故事・神異経・山海経他(漢・魏)中国古典小説選〈1〉穆天子伝・漢武故事・神異経・山海経他(漢・魏)
(2007/07)
梶村 永、高芝 麻子 他

商品詳細を見る




00:05  |  歴史人物

2013.04.20 (Sat)

近況


近況ですが最近髪をばっさり切りました^0^
今までほとんどずっとロングで、胸下まである長い髪を巻いてたんですが
周りの友達がみんな春になってばっさばっさと切り落としていくのを見て
便乗して思い切り切ってみました。

今まで何となく、女性らしさ=長い髪という平安の御世よろしき
古いイメージを持っていたのですが、きちんとケアとケアされてる
短い髪をしているというのもとてもよいものですね。
なんだか顔周りも明るく見えて、しかもちゃんと女性らしいという。
そんな周りのキレーな友らを見て、気づかないうちに持っていた
長い髪へのこだわりがあっさり崩れていきました。笑

でもって何がびっくりって
乾きが早い!
シャンプーもトリートメントも減らない!

…いや~短い髪っていいですね。

でも短いからヘアアイロンうまく使えなくて、鎖骨のあたりが今までと違って
髪に守られてないもんだから一瞬アイロン当ててしまったりして「あじっ!!」
ってことになったりしてます。短い髪巻くのにはまだまだ修行がいりそうですな。


髪の話ばかりですが、断髪した女性、たとえば中国でも日本でもアメリカでも広い範囲で、
かつて女性たちはみな長い髪を束ねていたわけですよね。
そして近代化の波によって、断髪していった女性たち。
彼女たちも、とてもすがすがしい気持ちだったのでしょう。
そういえば、アメリカのセックスシンボルといわれるマリリン・モンローだって短い髪だった。
女性らしさ、女らしさを表すものは、必ずしも長い髪ではないのだなぁと
改めて感じた春でした。

以上、とりとめもない話でした。かしこ。



23:01  |  日常とはず語り

2013.03.06 (Wed)

ご無沙汰してます&お返事など

こんにちは~大変ご無沙汰しています。史環です。
新年のご挨拶してからもう二ヶ月って…早いなぁ(遠い目)

年々時間の感覚が早くなるといいますが、まさにそれ。
ぼーっとしてたら一週間とかすぐ経っちゃう。
年はとりたくないもんです。若くいたいなぁ…よぼぼ。

不在の間、拍手ありがとうございましたv
去年のものもあるので大変遅くなってしまい恐縮ですが、以下【続き】からお返事です^^
またそのうち更新するので見てくださいね^^

02:49  |  サイト関連(更新連絡・拍手お返事)

2013.01.12 (Sat)

新年

あけましておめでとうございます

もう十日以上過ぎてますが!

何か絵をアップしたいな~と思っていたんですが
結局今は無理そうなので諦めて書き込みだけしに来ました。

お仕事が落ち着いたらまた何か描きたいです。
あと拍手なんかもありがとうございます!ほんと励みになります!

どうでもいい近況ですが、年末からとある漫画にハマってまして
もう連載終了されていて、当時も多分読んでた…はずなんですが
なぜか今更すごくハマってしまいにっちもさっちもいきません。
キャラクターが愛おしすぎて!描きたい…!

そんな衝動を抱えつつ、もうちょっと仕事を頑張ります。
ではでは今年もどうぞよろしくお願いします~


17:48  |  日常とはず語り
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。